×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

=カバヤの食玩紹介特設ページ=

今回は「デュエルナイツ」第二弾です。

12/23先行発売

『鋼鉄の戦騎DUEL KNIGHTS〜炎の惑星編〜』(カバヤ) 283円X5種

あのボークス・造形村が原型、マグネミクロ並のサイズでスミイレ済という異常なクオリティで話題になった、デュエルナイツの第二弾。
基本的に前回と同じような感じです。てかレオンさん除いて首と武器以外同じです。ブルーさんなんてその首すら・・・
まぁ見てくだされば大体わかるかと。

=ストーリー=

前作の最終戦、駄馬騎士のせいで父親を見つける願いを叶えられなかった主人公・ブルー。
再び父親探しの旅を続けるブルーは、第二惑星「フレイア」の「炎の鎧」の伝説を聞く。
もしや、それは「すべてを集めれば願いが叶う」という「伝説の鎧」のことでは・・・?
ブルーは愛機・ブルーナイトを強化し、第二惑星・フレイアへと赴く・・・

後はまぁ前作と同じようなブルーさんの追いはぎ頼もしい仲間を加えつつの珍道中。
そして遂に炎の鎧をコンプしたブルーさん。父親との再会を願い・・・

な に も お き ま せ ん で し た ! ! ブルーさんマジ見当違い。

「俺の旅はまだ始まったばかりだ!」

 

1:前回の主役機、オーバーホールして強化されたブルーの操るデュエルナイツ・ブルーナイトVer.2。
本体は前回と全く同じで塗装だけ違います。盾は新造、武器は最初から炎の剣。
ブルーメッキ+上半身ゴールドなので気持ち豪華げ。

2:ニヒル担当、バズーカによる遠距離戦闘タイプ、ダークの操るブラックナイト。
頭部と武器・盾が新造で他はリペ。黒鉄色にゴールドと渋い。炎のショルダーアーマー付属。
ちなみに彼だけ塗装じゃなく素材の色から黒鉄色です(他は白に塗装)。

3:お供担当、ウィズの操るホワイトナイト。なんかFSSっぽい気がする頭。
パールホワイトで、同じようなシルエットのはずの前回のシルバーナイトとは印象がかなり違います。
武器はランス、柄と穂先は別パーツでプラ製、めっちゃ長い。本体の2倍近いです。ミクロにもぴったり。
炎のショルダーアーマー付属。

4:お供その2、単体変形担当のハートが操るゴールドレオン。組み換えでライオンになります。
全身金色にオレンジメッキと、どこの黄金勇者ですかと言いたくなりますが、ロボ顔とライオン顔は分割されて変形時はちゃんと口が閉じる細かい設計。
また変形ギミックのおかげで足が可動します(膝、足首が一軸可動)。ただ本当に可動のための可動じゃないのでろくに立てませんが・・・
また、恒例のウイングパーツで「グリフォンモード」に。今回はプロポーション良好なのでいい感じ。
胸ライオンにいいかもしれませんが、タテガミのせいで前後に長いため、ちょっと組み換えは難しいかも。
炎のシールド付属。ライオン形態時に頭につけて炎のタテガミにすることも可能。プレイバリューきわめて高し。

5:ラスボスはまたしてもウイング担当の鳥、ゴールドフェニックス。この世界は鳥ロボは無人でラスボスなのがお約束なのかもしれない。
なんと武器なし(クローで攻撃)という漢気溢れるラスボス。頭部とバックパックが新造。
ライフルが無くなったのでバックパックがシンプルになり、組み換え時に邪魔にならなくなりました。
炎のブレストアーマーと兜が付属。

炎の鎧:今回のボーナスパーツ。どうやら無色クリアの上に橙〜黄色のグラデ塗装のようです。クリアパーツ好きのミクロ者にはうれしい感じ。

可動は例のごとくしませんが、今回は例外的にレオンさんだけ下半身が動きます。左列二段目参照。
ポロポロと軸が抜けてイラつくことでも有名でしたが、今回は軸の端を太くして強度を増しています。正確には増そうとしたように見えます。
実際は・・・特にレオンさんの下半身が・・・ウウッ・・・個体差だと思いますが、股関節以外はどこもそれなりにしっかり保持しているかと。

また塗装ですが、今回は全員がメッキ系塗料で統一されてチープな豪華さがあります。目などもメッキグリーン。
ホワイトナイトはパールホワイトですね、ただミクロレディ2のレイほどは綺麗な発色じゃないですが・・・

なおお菓子は今回もガム。ラムネとか他のお菓子にしてください。